12.06.2021 Mon

OPEN 20:00~5:00

ENTRANCE FEE 1000yen/1drink

DJ KANGO

1980年代後半からHIP HOPを聞き始めNYに行き本場のCLUBシーンに衝撃を受け活動をスタートした東京を拠点とするDJである。ダンスフロアから発信する彼独自のジャンルレスなスタイルが人気で,数々のパーティーでレジデントDJをつとめる傍ら日本国内のみにはとどまらずNY、MIAMIやアジア等世界各国でゲストDJとして招かれ多方面から高い支持を得る。現在クラブDJとしての地位を確立し、その存在感を不動のものとしながら日本のCLUBシーンに多大な影響を与え続けている。CLUBの現場にとどまらずファッションブランドのパーティーや雑誌、企業のインターナル、ロンチ、レセプション等にも参加し活躍中。渋谷を中心にHIP HOP PARTYでプレイする一方でROCTRAXのメンバーで、日本のハウスダンスのオリジネータの一人である。現在DEEP HOUSE、GARAGE、NU DISCO、TECHNO、ELECTRO等を彼独自の感性で自在に操る一面もあり、他ジャンルを嗜好する音楽ファンをも魅了し新しいサウンドの追求を怠らず常に進化し続けている。

DJ SHINYA

14歳からギターを持ち、バンドを始める。兄弟や友人の影響でイーグルス、ボストン、ベイシティローラーズ、バングルス、カルチャークラブなどの洋楽を聞き始めた。その後、地元のDJの影響でヒップホップを聞き始め、1998年よりDJ活動を開始。現在はクラブ、ラウンジ、バーで活動している。過去にはストリートブランドのレセプションパーティー、アフターパーティー、スケートゲーム、などのシーンでの現場でもDJを務めた。ヒップホップを中心に、ハウス、エレクトロ、ロックなどを織り交ぜたプレ イでオーディエンスを魅了させる。現場第一をモットーにしている、ジャンルを超越したDJである。また世界の音楽シーンに常にアンテナをはり、年 に一度はNYを訪れ現場の視察や情報収集などの活動も行っており、NYでのDJでは現地の様々な人種、老若男女問わず唸らせた。 また渋谷FAMILYにて始めたパーティー"JETER(2005〜2014)はDJやダンサーなど様々な人々からの絶大な支持を得た。 共演したアーティスト、DJ Will I am, Pase Rock, Eli Escobar, Cosmo Baker, DJ Kutt Throat, DJ SEGA New York での現場 Manhattanportage (SOHO) ,Bob bar, Fatbuddha bar, Ugly Kitchen https://twitter.com/djshinyajpn http://soundcloud.com/djshinyajpn https://www.instagram.com/djshinyajpn/

Brooklyn Terry

ダンサー、DJ、イベントオーガナイザー/プロモーター、講演家、コメンテーター。 ニューヨーク、ブルックリン出身。幼少期のステージとヒップホップの黄金時代の真っ只中を経験し正に純正の芸術性を培う。 15歳という若さでクラブ活動を始め、ダンスを通じて文化に貢献。ニューヨークのヒップホップとハウスの黄金時代に、クラブで最も有名なダンサーの一人となった。 現在のヒップホップ・ダンスのシーンの立役者として知られる世界的著名なグループ「エリート・フォース」の最年少メンバーある。 その後、マライア・キャリー、ウィル・スミス、ミッシー・エリオット、リッキー・マーティン、ダ・ブラット、レフト・アイ(TLC)などのアーティストと仕事やツアーを共にし、現在はバトル・ジャッジ、教師、指導者として世界中の若いダンサーたちを指導している。 14歳のとき、同じ建物に住む友人の家で、遊び半分でDJを始めるも音楽の知識と豊富なエンターテイメント経験から、日本に移住後プロとして一気に第一線で活躍するようになった。 パリの ""Juste debut""、チェコの ""Street Dance Kemp""、ニューヨークの ""Step Ya Game Up ""など、世界各地のストリートダンスイベントに出演し、ニューヨークや東京の有名なパーティ(Funkbox NYC)でもプレイ。 そして、東京では自らのパーティーをオーガナイズを始めた。テリーは、パートナーであるロンドンのミュージシャン、アループ・ロイと共に「CULTURE」という名前のパーティーを開催。 CULTUREは、2008年から2010年にかけて、東京での ""THE PARTY TO BE AT (行くべきパーティ=大反響) ""となりましたが、テリーが再び海外へツアーに出ることになり惜しまれつつも終了。 ツアーから戻ってきたテリーは、DJ Sarasaとパートナーを組み、東京で2番目のパーティー事業「Speakeasy」を計画を開始。 現在、Speakeasyは東京だけでなく日本で最も人気のあるパーティーである。Speakeasyでは、DJ Scratch、DJ Maseo (of De La Soul)、DJ Spinna、DJ Skeme Richards (of Rocksteady Crew)など超大物アーティストのパフォーマンスも行われている。

Copyright © 2014 Global Hearts Co.,Ltd. All rights reserved.