10.17.2021 Sun

昼ブリ

HOUSE-TEX

OPEN 15:00~21:00
※お酒のラストオーダー20:00

ENTRANCE FEE 1000yen/1drink

DJ BAR Bridge
Bridge/WREP/HEARTとも、ただいま毎週土日の15:00〜のみ営業しています!
「久しぶり〜!」
「やっぱりパーティは大切!」
の声多く、窓も全開換気ばっちり毎夜良い雰囲気で邁進中!

10/17(日)
Bridgeの木曜日を沸かせるHOUSE-TEXの首謀者DJ EMMAが、コロナ禍で何度もリスケしようやくパーティが実現するEITA
GODOとの組み合わせ!

検温・消毒・換気などコロナ対策もベストを尽くしDJ、スタッフ一同皆様のお越しをお待ちしております。

DJ EMMA

1985年よりDJを始め、東京各所のナイトクラブで数々のパーティーを成功させる。1994年に「GOLD」と契約。クローズするまでレジデンスとして活躍、そのアグレッシブなプレイによって土曜日をまとめあげ、東京中の遊び人(ナイトリスト)たちに決定的な存在感を知らしめた。1995年にはDJプレイに留まらず音楽制作を開始。川内タロウと共に「MALAWI ROCKS」を結成する。同年NIGHTGROOVEより発売された12inchシングル"Music Is My Flower"が世界的ヒットを果たす。同じく1995年から発売され、日本を代表するMIX CDとなった「EMMA HOUSE」は、24bitマスタリングというMIX CDの枠を超えた徹底的な音作りとダンスフロアの雰囲気を閉じ込めた作品として好セールスを記録。2014年新たな活動を始めたNITELIST MUSICから、日本発のACID HOUSE "ACID CITY"を発売。HEARTBEATから2年連続リリースとなったMIX CD "MIXED BY DJ EMMA vol.2"と共にダブルリリースツアーを全国15ヶ所で行う。常にダンスフロアとHOUSE MUSICを中心に新しい音楽を最高の技術でプレイし続けるスタイルはKING OF HOUSEと呼ばれる。 2016年には活動30周年を記念したEMMA HOUSE XX〜30th Anniversary〜をユニバーサルミュージックよりリリース。 2017年、プロデュースユニットN.U.D.E名義でNO PICTURE(ON MY PHONE) feat.ZEEBRAをリリースし、さらには最新作ACID CITY3をリリースや、N.U.D.Eでの1st アルバムをリリース。DJ及びプロデューサーとして精力的に活躍中。 INSTAGRAM https://www.instagram.com/djemma_nitelistmusic/ TWITTER https://twitter.com/nitelist_music facebook https://www.facebook.com/pages/DJ-EMMA/132286593494703 NITELIST MUSIC http://www.nitelistmusic.com/ DJ EMMA Starting his DJ career from 1985, he lead numerous parties in night clubs around Tokyo to great success, and then signed to ‘GOLD’ in 1994. As a residence DJ throughout, his aggressive play style quickly became known to Tokyo night-outers (NITELISTS). By 1995, he progressed his professionalism outside DJing to musical production, and formed ‘MALAWI ROCKS’ together with Taro Kawachi. On the same year, “Music Is My Flower”, a 12 inch single released from NIGHTGROOVE became a hit across the world. Another 1995 release, “EMMA HOUSE”, which became a world renown MIX CD from Japan enjoyed rocket sales with its supreme sound making-an astonishing 24 bit mastering which was well above MIX CD standard quality-and the excitement of the dance floor in a package. In 2014, he co-founded a new label NITELIST MUSIC, from which he released the Japan-made Acid House title, “ACID CITY”. Along with his MIX CD, “MIXED BY DJ EMMA vol.2”, a subsequent release from the last year, he toured around 15 venues across Japan. Known as KING OF HOUSE, he has and still plays fresh new music mainly from House Music with remarkable technique.  In 2016, marking his 30th anniversary of DJing, he released “EMMA HOUSE XX~30th Anniversary~” from Universal Music. In 2017, releasing NO PICTURE(ON MY PHONE) feat.ZEEBRA as N.U.D.E, a producer duo, with another release “ACID CITY3” and release 1st album of the duo “N.U.D.E”. DJ EMMA never ceases to surprise his audience as a DJ and as a producer.

Eita Godo

(KEWL)

東京生まれ東京育ち。 小学校三年生の頃から教室で好きな楽曲を収録したカセットテープを3年間毎日かけ続けたという、ある意味"DJ"の原点ともいえる経歴を持ち、バンド経験などを経て18歳よりDJとして始動。 ダンスフロアではレコードを中心としたDisco/Houseを軸としながらも、長年ハイエンドなホテルでのレギュラーDJで培ったダウンテンポ〜JAZZ〜R&Bなど、あらゆる場所でDJの経験値を積んだハイブリッドな選曲に定評がある。 都内主要クラブではもちろんのこと、青山OATHの週末【THE OATH】のレギュラーDJとして第二土曜日を担当。OATH移転後はすぐ下のTunnelにて第二土曜日をKikiorixらと任されている。 2017年12月には表参道VENTにてKnockと共にニューパーティー【KEWL】をスタート。Floating Points、Hunee、Tom Trago、Legowelt、Mr.G、The Mole(Live)を招聘。その全てが大成功を収めた。 更にはStarFesやULTRA JAPANなどのフェス、FENDI、Dior、LANVIN、JIL SANDER、Jimmy Chooなどトップメゾンのパーティーはもちろん、新宿Park Hyatt Tokyo 41FでのレギュラーDJ、The Peninsula Tokyoの2015/2016カウントダウンDJやCORONA SUNSETS SESSIONなど、CLUB以外のギグもオファーが絶えない。 村上隆氏の個展のアフターパーティーでのプレイや蜷川実花氏のショーでの選曲も高い評価を獲得した。 また2020年からは日本橋兜町にオープンしたマイクロ複合施設ホテル”K5”の客室用レコードのセレクトも担当するなど、活動の幅を広げている。 https://www.mixcloud.com/EITA_/ EITA is a resident DJ at KEWL and one of the promoter. House music is at his core but his experience as a music selector at high-end hotels has expanded his selection and established his unique style, seamlessly mixing from lounge music to dance floor classics. Alongside regular parties in Tokyo, EITA is booked through out Japan and expanding furthermore.

Copyright © 2014 Global Hearts Co.,Ltd. All rights reserved.