01.16.2021 Sat

休業

OPEN 20:00~5:00

ENTRANCE FEE 1000yen/1drink

Kenji Hasegawa

1990年、仲間達と代々木公園で開催した野外パーティー"yoyogi friendship project"においてDJとしての活動を始める。以来、現在に至るまで20年以上にわたり、DJ/選曲家/パーティー・オーガナイザーとして活動中。人気のサンデーアフタヌーンパーティー、~Sunday Afternoon Session~ "gallery"のレジデントDJであり代表。 95年にロンドンの人気レコードショップ「ミスター・ボンゴ」の東京ショップを仲間と共に渋谷に開店し、同店長を務める。99年からはエイベックスにて4年間クラブミュージック/ダンスミュージック部門のA&Rディレクターを務める。2003年より、フリーランスとしてDJ、A&Rディレクター、音楽ライター、ラジオ番組の選曲、ファッション関係イベントの選曲、ホテル・ニューオータニのナイトタイム・プールのDJ企画などをおこなってきた。2010年に西麻布にオープンしたライブハウス&シアター「音楽実験室 新世界」に店長としてオープンより2014年4月 まで勤務。2015年2月より、株式会社ローソンHMVエンタテイメントに入社。アナログ盤専門店HMVrecordshop渋谷のスタッフとして勤務し、DJとしての活動とともに音楽伝播活動をしている。

AWANE

(sonimage-Lab,inc/the LEWD HERTZ/Seeds And Ground)

DJ/プロデューサー/ライター。 自ら主宰するレーベル「sonimage-Lab,inc」より、dj korosuke名義を含むミックス作品をはじめ、和太鼓ブレイクビーツバンド、 ngomaのメンバー/プロデューサーとして、同レーベルより3枚のアナログ12inchとフルCD アルバムをリリース。さらにレーベルプロデューサーとして、アニメ「サムライチャンプルー」のエンディングテーマとなった「san francisco 」で知られるHip Hopユニット、midicronicaのファーストアルバム「#501」などのリリースを手掛ける。 また、渋谷にあったレコードショップGuinness Records でバイヤーとして長年シーンに関わってきた経験によって培われたレアグルーヴから最新クラブミュージックまでを網羅した幅広い知識を武器に「DJ Kicks 」シリーズ(K7!)や、リイシューされたBlack Jazz全タイトルなどCDライナーノーツ、ディスクレビューなどの執筆/ 翻訳をはじめ、コンテンポラリーアートや現代舞踊に至る守備範囲の広い評論/執筆活動も行っている。 2013年春には、井上薫主宰のレーベル「SEEDS AND GROUND」より、AWANE名義での12inch「SOLARIS / ATOM 」をリリース。「ATOM」はフランスを代表するDJ、Laurent Garnier(ロラン・ガルニエ)が自らのラジオショウ「It Is What It Is」でプレイされるなど話題を呼んだ。 2016年には東洋化成の「レコードの日」のアイテムとしてHMVと共同で7inch「something about us」(Daft Punkのカヴァー) をリリース。2016年末にはAWANE名義で初となるアルバム「cabaret voltaire」を発表している。 Kazuaki NoguchiとのDJ/プロダクションユニットthe LEWED HERTZとしても青山TUNNEL、代官山débrisを拠点に各地で DJギグを敢行中。

Copyright © 2014 Global Hearts Co.,Ltd. All rights reserved.