11.28.2020 Sat

Bridge/WREP/HEART JOINT Anniversary Party

OPEN 20:00~5:00

ENTRANCE FEE 1000yen/1drink


DJ BAR Bridge/WREP/HEART

お陰様で来たる11/28(土)新宿HEARTは1歳になります!
そこで8月にコロナ禍で出来なかった渋谷Bridge6歳、WREP3歳のお祝いも新宿HEARTとジョイントして11/27(金)・28(土)の2日間で開かせて頂くことになりました〜!

全店レジデントDJほぼ総出演!
どちらかでいつも通りの入場料¥1000/1dお支払い頂ければ3店舗回遊出来ます!
もちろん23:00〜05:00渋谷⇄新宿を無料送迎バスが走ります!笑

2021年に繋がる楽しく濃い〜パーティが出来れば幸いです。
皆さん11/27(金)28(土)の2日間空けておいて下さ〜い!!

タイムテーブル(時刻表も笑)も後日発表致します!

DJ、スタッフ一同皆様のお越しをお待ちしております!
メインイメージ

Toshiyuki Goto

80年代後期より、都内各クラブでDJ活動をスタートさせる。 91年に突如単身渡米する。 そして 94-95年の間、Party "Acme Disco"(NYC)のDJとして活躍。同時に楽曲制作も積極的に行い、 96年にFrancois Kのレーベルよりジャズキーボーディスト菊池雅章氏とのコラボレーションユニットMATO名義での"Tribe"と"Drifting"(Wave Music NYC)で衝撃的なワールドビッグヒットを放ち本格的に制作活動をスタート。 ‘02年にはToshiyuki Goto名義として初のフルアルバム "Two-Way Traffic"を発表。その後 も"progressivefunk "そして'07年には2nd アルバム"No Illusion"を発表する。国内、海外のレーベルより多数のオリジナルシングル曲も多数発表する。Remixでは、海外のIdris Muhammad, Disco Dub Band, The Love Grocerなどを発表し、国内のコラボレーションでは藤原ヒロシ、チバ ユウスケらとの作品を発表する。'19年にはZenrydazのRemixをリリースし海外でも評価を得る。DJとしても'03の帰国後、西麻布YELLOW "Voyage" 代官山AIR "The Garden" また 日本のみならず、CIELO (NYC)、CLUB SHELTER (NYC) ヨーロッパ各地でもプレイを行っている。 '15年にはIBIZA (SPAIN) ではMI-BIZAのClosing Partyでプレイを行う。 現在のレギュラーパーティーはContactにて日曜日に開催される"Sunday Afternoon" 土曜日の"DJ Bar Bridge"など日本各地でも精力的に活動する。

クボタタケシ

1991年、伝説のラップグループ「キミドリ」のラッパー/サウンドクリエイターとして活動を開始。 1993年、アルバム『キミドリ』と、1996年『オ.ワ.ラ. ナ.イ』の2枚の公式作品を残してキミドリはその活動を休止するが、クボタはその間から現在まで数々のリミックス、プロデュース、そしてDJとしての活動を継続中。 中でも1998年にスタートしたミックステープ『CLASSICS(1~4)』シリーズはオールジャンル・ミックスの新しい扉を開き、東京から全国のクラブまで熱狂的なフォロワーを生み出す。 また2003年秋に初のオフィシャル・ミックスCD『NEO CLASSICS』を、約5年のブランクを経て2008年秋に待望の第二弾、『NEO CLASSICS2』をエイベックスよりリリース、いずれもミックスCDとしては異例の好セールスを記録。 そして2009年3月にはユニークな人選が毎回話題となるミックスCDシリーズ『ストリクトリー・ロッカーズ』からクボタタケシ・ミックスがリリース。 80年代から90年代初頭までのラガマフィン・ヒップホップ、ヒップホップ・レゲエに特化したこの作品は、「他の追随を許さない」という表現自体を他に許さない、圧倒的なオリジナリティを誇り、初回プレス盤は瞬く間に店頭から姿を消すなど人気の底力を示す。 また同年11月にはシリーズの続編『NEO CLASSICS3』と日本人アーティストのみで選曲された『ミックスシーディー』を同時リリースするなど異例のリリース・ペースに待望度業界ナンバー・ワンとも言われるオリジナル音源の発表に向けての期待も更に高まるばかりである。

Kenji Hasegawa

1990年、仲間達と代々木公園で開催した野外パーティー"yoyogi friendship project"においてDJとしての活動を始める。以来、現在に至るまで20年以上にわたり、DJ/選曲家/パーティー・オーガナイザーとして活動中。人気のサンデーアフタヌーンパーティー、~Sunday Afternoon Session~ "gallery"のレジデントDJであり代表。 95年にロンドンの人気レコードショップ「ミスター・ボンゴ」の東京ショップを仲間と共に渋谷に開店し、同店長を務める。99年からはエイベックスにて4年間クラブミュージック/ダンスミュージック部門のA&Rディレクターを務める。2003年より、フリーランスとしてDJ、A&Rディレクター、音楽ライター、ラジオ番組の選曲、ファッション関係イベントの選曲、ホテル・ニューオータニのナイトタイム・プールのDJ企画などをおこなってきた。2010年に西麻布にオープンしたライブハウス&シアター「音楽実験室 新世界」に店長としてオープンより2014年4月 まで勤務。2015年2月より、株式会社ローソンHMVエンタテイメントに入社。アナログ盤専門店HMVrecordshop渋谷のスタッフとして勤務し、DJとしての活動とともに音楽伝播活動をしている。

DJ KEN-SKE

新たなスタイルやフォーマットの登場で、いまや誰もが『DJ』と名乗ることの出来るこのご時世・・・ この現象は数多の似非DJを量産する事態を引き起こしている。 DJ KEN-SKEはモデルでもセレブでもなくトラックメーカーでもない、根っからの現場重視のクラブDJである。 HIP HOPやR&B・REGGAEはもちろんのこと、HOUSE・ELECTRO・DISCO・SOUL・RARE GROOVE・TOP 40等、現場に応じて様々なジャンルや年代をブレンドした彼のスタイルは、一般層からクラブフリークまでをもロックし、各所で賞賛を得ている。 また、第一線で活躍するDANCERやDJ、プロモーター等の業界関係者からも熱い支持を受けており、年間100本以上のバーティーをこなす。 現在、HIP HOPの聖地として名高い渋谷のCLUB HARLEMにて長年続く、毎週火曜日開催のモンスターイベント『RED ZONE』の階上、BX CAFEにて『ROYAL FLUSH』という名のパーティーのレジデントDJを務め、古きよき時代のRAPや、DISCO・HOUSE等のダンスミュージック全般のさらなる探求を実践しているが、それは単なる懐古主義とは一線を画すもので、彼のミュージック・ライフが現在進行形で反映されたものとなっている。 また、前述した『RED ZONE』でも不定期でプレイしている他、VUENOS TOKYOの最長寿イベント『HOT JAM』や『GIRL SPOT』、CLUB AXXCIS『GOLDEN GATE』のような週末のビッグパーティーや、CLUB BAR FAMILY『JETER』のようなアットホームなパーティー等でも活躍中。 「ゆりかごから墓場まで、iPODからアリーナ級の大箱までをもロックする」がモットー。 B-BOYスタンスで多方面にアプローチし続ける、今後の活動も要注目のDJである。

TOYO (WITT)

多様なジャンルの音楽知識を持つTOYOはその豊富な知識をいかした幅広い選曲で大小様々なCLUBやLOUNGE,BARなどのあらゆる場所、 MAIN TIMEはもちろんOPENからCLOSEまでのいかなる時間でもROCKすることが出来る。そのプレイは幅広い年齢層のクラウドから支持さ れており、その実力も実証済みである。
CLUB HARLEMにて毎週金曜日に開催されていた『The Finest』に2008年よりレギュラーとして加わり、その後の『PUNCH OUT!!!』でもレ ギュラーをつとめた。 その後、主戦場をHOUSE/DISCOの現場へと移したTOYOは自身が最も影響を受けているNYのDJ/PRODUCERであるELI ESCOBARの2012 年から毎年開催しているJAPAN TOURやNYのサンデーアフタヌーンパーティー のTOP "TIKI DISCO" の東京での開催を企画、さらには本場NYでの"TIKI DISCO"でも共にDJをするなど、海外のDJとの競演。オシャレキッズを唸らせるカルチャーの発信源となるパーティーなどなど。 自身がオーガナイズをするパーティーからレギュラーパーティーや単発のパーティー、HOUSEやDISCOからHIP HOPまで、年間数多くのDJ を東京を中心に全国各地で行っている。 今後は楽曲制作にも力をいれる予定であり、その作品が発表されるのを指を加えて待っていてほしい。

YAGISHOTARO

EDDY

House Musicを軸に都内各地でPlay中。 クラブ、DJ BARをはじめファッションブランドやアートイベントのレセプション等でもDJを担当している。 2019年よりETHOS(エトス)デザイナーOMI氏、DJ RYOSUKE氏によるRomanetics(ロマネティクス)へ加入し活動の幅を広げている。 2020年セレクトショップSUPPLY TOKYOより MIX TAPEをリリース。 自身では渋谷区初台にあるギャラリー&スーベニアショップLAID BUGの企画、PRを務める。 ・PARTY "B" 主催 ・DJ BAR BRIDGE 第2火曜日担当 ・浪漫 at GRASSROOTS

Copyright © 2014 Global Hearts Co.,Ltd. All rights reserved.