06.05.2020 Fri

GH STREAMING

「お久しブリッジ2!」

OPEN 19:00~24:00

5/1(金)BridgeレジデントDJによる「お久しブリッジ!」が大好評だったため早くも「お久しブリッジ2!」を配信!

GH Streaming
6月5日(金)19:00~24:00
「お久しブリッジ2!」

19:00 dirty munoz
20:00 EDDY
21:00 JOMMY
22:00 Kenji Hasegawa
23:00 Toshiyuki Goto

いつもご来店してくださるお客様だけでなく、遠方にお住いの方や年齢規制でオールナイトイベントに入場できない方々にも良い音楽をお楽しみ頂けましたら幸いです。

今後の配信スケジュールはGH STREAMINGのサイト、各店舗のSNS等よりご確認ください。

有料会員登録をされますとアーカイブ映像もご覧いただけます。
どうぞよろしくお願い致します!
メインイメージ

Toshiyuki Goto

80年代後期より、都内各クラブでDJ活動をスタートさせる。 91年に突如単身渡米する。 そして 94-96年の間、Party "Acme Disco"(NY)のDJとして活躍。 同時に楽曲制作も積極的に行い、 ジャズキーボーディスト菊池雅章氏とのコラボレーションユニット MATO名義での"Tribe" "Drifting"(Wave music)で 96年の衝撃的なワールドビッグヒットを放ち本格的に制作活動をスタート。 ‘02年にはToshiyuki Goto名義として初のフルアルバム "Two-Way Traffic"--カッティングエッジ--を発表。 その後 も"progressive funk "--カッティングエッジ--、"Travels with Flowers Plus+"--Flower Records--の2タイトルのMix CD、 藤原ヒロシとの共同プロデュースによるシングル"Away Dub" (CRUE- LRECORDS)をリリースし、 コアなダンスミュージックフリークより支持を受ける。 そして'07年には2nd アルバム"No Illusion"-リズムゾーン-を発表。 また DJとしても03年春より活動拠点をNYCより日本に移し、西麻布YELLOW"Voyage"、代官山AIR"The Garden"などでレギュラーパーティーを展開。 また日本国内のみならず、ヨーロッパツアーや最近ではcielo(US/nyc)、CLUB SHELTER (US/nyc)などにもメインアクトとして招かれるなど、海外でも精力的にプレイを行っている。

Kenji Hasegawa

1990年、仲間達と代々木公園で開催した野外パーティー"yoyogi friendship project"においてDJとしての活動を始める。以来、現在に至るまで20年以上にわたり、DJ/選曲家/パーティー・オーガナイザーとして活動中。人気のサンデーアフタヌーンパーティー、~Sunday Afternoon Session~ "gallery"のレジデントDJであり代表。 95年にロンドンの人気レコードショップ「ミスター・ボンゴ」の東京ショップを仲間と共に渋谷に開店し、同店長を務める。99年からはエイベックスにて4年間クラブミュージック/ダンスミュージック部門のA&Rディレクターを務める。2003年より、フリーランスとしてDJ、A&Rディレクター、音楽ライター、ラジオ番組の選曲、ファッション関係イベントの選曲、ホテル・ニューオータニのナイトタイム・プールのDJ企画などをおこなってきた。2010年に西麻布にオープンしたライブハウス&シアター「音楽実験室 新世界」に店長としてオープンより2014年4月 まで勤務。2015年2月より、株式会社ローソンHMVエンタテイメントに入社。アナログ盤専門店HMVrecordshop渋谷のスタッフとして勤務し、DJとしての活動とともに音楽伝播活動をしている。

JOMMY

日本、アジアのパーティ・シーンを飛び回り、各地から高い支持を得ているDJ。ブランドPRとしての顔も持ち、音楽、ファッション、アートなど多彩なカルチャーに精通する“TOKYO”ストリートムーブメントの象徴的存在として活動している。 ルーツは、10代から身を置いたストリートダンス・シーン。ダンスはもちろんのこと、90年代以降のクラブ・ミュージックをリアルタイムに体験し、ハイセンスな音楽性とファッション的感性を磨き上げた。その絶対的な核を時代ごとにアップデートさせ、様々なパーティでバリエーション豊富なサウンドをプレイ。ヒップホップ、ハウス、ニューディスコ、さらには最前線のトラップやベースミュージックまでを操る。 2018年以降は世界で同時進行的に盛り上がりを見せつつあるハウスやテクノの新しい波をいち早く吸収。ミニマルな展開と深いグルーヴでオーディエンスを陶酔させるテックハウスを軸にプレイし、日本はもとよりアジア圏でテックハウス・ムーヴメントの旗手として目されている。 現在は渋谷・VISIONで毎週土曜日にテックハウスを軸とした本格派ダンス・ミュージック・イベント『EDGE HOUSE』のレジデントDJをDJ DARUMA(PKCZR)とともに務めるなど、次なるシーンを牽引している。 【Instagram】https://instagram.com/jommytokio/

EDDY

House Musicを軸に都内各地でPlay中。 クラブ、DJ BARをはじめファッションブランドやアートイベントのレセプション等でもDJを担当している。 2019年よりETHOS(エトス)デザイナーOMI氏、DJ RYOSUKE氏によるRomanetics(ロマネティクス)へ加入し活動の幅を広げている。 2020年セレクトショップSUPPLY TOKYOより MIX TAPEをリリース。 自身では渋谷区初台にあるギャラリー&スーベニアショップLAID BUGの企画、PRを務める。 ・PARTY "B" 主催 ・DJ BAR BRIDGE 第2火曜日担当 ・浪漫 at GRASSROOTS

dirty munoz

dirty munozは彼の80’sなディスコサウンドで知られていて、Womb, Ageha, Circus, Visionなどの東京のクラブシーンでプレイし、彼自身のイベント”ロンドンコーリング"も10年間続いた後、2018年の6月に幕を閉じた。最近は自身のもう一つのイベント"ロンドンアフターミッドナイト”でDJ Noriと共に、毎月渋谷の中心に位置するDJ BAR Bridgeにて引き続き質の良いHouseやディスコをプレイしている。Munozはロサンゼルス出身。2000年の夏から日本に在住し、国内やアジアで着実に評判を獲得した。

Copyright © 2014 Global Hearts Co.,Ltd. All rights reserved.