06.14.2018 Thu

OPEN 20:00 - 5:00

ENTRANCE FEE 1,000 yen / 1Drink

Dr.Tommy

80年代初頭より、日本のクラブ音楽シーン黎明期から現在まで、常にその先端、中心部にいて、シーンを創り上げ支えている一人。DJ、音楽プロデューサー、作詞、作曲、編曲まで手掛けるコンポーザー、リミキサー、トラックメーカー、ナレーター、コリオグラファーなど様々な顔を持つ。また多くのCM作品の他、小泉今日子、桐島かれん、hide(X-JAPAN)、Flea、Jephte Guillaume、Groove Collective、黒人映画監督としても知られるMelvin Van Peeblesなどの他、国内外の数多くのアーティストとの作品を手掛け、デジタルグル-ブ歌謡曲、 Jungle Oasis inc、Ecstasy Boys、D.T.Constructionなど、プロデュース&コンポーズ作品やリミックスなどの作品も多く、Mo'WAXやSTricTLY RHyTHM、ATTICなどの海外レーベルからも作品がリリースされている。DJとしても国内外問わずSpinして来たClub PartyやEventは数知れない。2013年に35周年を迎えた老舗クラブ西麻布328をはじめ、数多くのClubやPartyでレジデントを務めて来た。現在は、D.T.Construction、Ecstasy Boysとしての活動の他、1998年より自らレコードレーベルGolden Gutsy Recordsを主宰。2009年には東京の北青山にOpenしたFIAT SPACE(現THE SPACE)のサウンドプロデューサーを務めるなど、東京を中心に各地のクラブや様々なPartyやLive EventなどでDJやLIVEを勢力的に行っている。また、2010年にSFアニメ映画「REDLINE」のサントラリミックスを手掛け、2011年には山本政志監督による映画「スリー☆ポイント」の映画音楽を担当。2011年夏に発売された久保田麻琴プロデュースによるAWA GROOVES & REMIXES 「ぞめき四」にもD.T.Construction名義で参加するなど更に活動の幅を広げている。2012年にはDJとしての活動も30周年を迎え、DJ30周年ツアーを慣行。「いのちの祭り」、「高野山1000年祭り」などにも参加。そして、2012年9月に公開された、山本政志監督の新作映画「アルクニ物語」の音楽を担当。2013年春に公開された山本政志監督の新作長編映画「水の声を聞く」のプロローグ篇及び、2014年公開予定の本編の映画音楽も担当している。2013年には、2003年よりほぼ毎月開催されてきたレジデントパーティである"FUTUREDELIC NIGHT"も10周年を迎え、2013年10月〜11月にはヨーロッパに1ヶ月以上に渡り、FFFのベーシストのNIKTUS達との新ユニット"deep papa"のレコーディングを兼ねてのLIVE&DJツアーも敢行。DJギグやセッションライブ活動も精力的に演りつつ、今後また新たに自身のレーベルや、海外レーベルから、楽曲やRemix作品などのニューリリースも予定している。

DJ FUJIKO

1992年より関西を中心に活動を開始。大阪ではClub Qoo、FlatでのEvery Wednesday Nightを3年、Grand Cafe,Vinyl,神戸を一世風靡した伝説のクラブJunxを始め、ファッションショーなどでもプレイ。その後97年に渡米、NYのClub life,Ohmなどのクラブ、レストランDon JulioではラウンジDJとして更なる経験を積み2002年に帰国。帰国後は大阪Under Lounge,Vinyl, Grand Cafe,Flat,東京のVelours,Module,Rockwest,音等でプレイ。2007年1月にはイタリアのミラノコレクションでもプレイ。得意とするジャンルはHouse,Tribal,Tec HouseなどHouse全般とElectro。また現在はRESTIRのミュージックコーディネーターで専属DJ、CDのバイイングセレクトなど最高に心地よい空間を演出している。クラブでのプレイは独特な音のセンスとGroove、男顔負けのプレイでクラウドをFujiko`s Worldに誘いこむ。

Abilio / Tatsuro Oomura / Seiki / d-goro / Mogi

Copyright © 2014 Global Hearts Co.,Ltd. All rights reserved.